東京都総務局 別ウィンドウで開く

  • JP
  •  | 
  • EN

沖ノ鳥島おきのとりしまって?

★おぼえてほしい!★
★日本で一番南にある島
★東京ドーム107個分こぶんの大きさ
★サンゴが積み重なってできた島
★日本で唯一ゆいいつの熱帯気候
★海面上の二つの小島はコンクリートで守られている。
沖ノ鳥島
沖ノ鳥島のについて

写真提供:国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所

沖ノ鳥島おきのとりしまは、日本で一番南にある島です。東京都心から南へ約1,700 km、船で片道かたみち約4日の距離きょりです。島の形はなすがたに近く、東京ドーム107個分こぶんもの大きさになります。
しおが満ちて海面の高さが一番高くなった状態じょうたいの時でも海面上に残る島が二つあり、その島の周囲しゅういは直径約50mの護岸ごがんコンクリートで守られています。
火山島がしずんで、その上に、小笠原諸島おがさわらしょとう沖縄おきなわからたどり着いたサンゴが1,500万年をかけて、積み重なってつくられました。
沖ノ鳥島おきのとりしまは日本で唯一ゆいいつの熱帯気候です。
島のまわりの海は、カツオやマグロなどの魚がたまごを産む場所や移動いどうルートに当たることが知られています。また、海底には、石油の代替だいたいエネルギーとして期待されるメタンハイドレートやどうなどをふくむマンガン等の貴重きちょう資源しげん存在そんざいするとも言われています。

  • もっとしらべてみよう!
  • インターネットで「熱帯気候」と検索けんさくしてみよう!
  • 国境離島って?
  • 南鳥島って?
  • 排他的経済水域とは?
ページトップへ